« 伴奏くんについて~その4~ | トップページ | 伴奏くんについて その6 ~ヴィオリラ用アンプ~ »

「伴奏君について その5」

伴奏君について その5 ~ローランド社製品との比較~

Bansou2

 向かって左側がローランドミュージックプレーヤー
 MT-90U(\39.800-)
 右側がヤマハミュージックデータプレーヤー
 MDP-30(\60.900-)
  2つの製品を使ってみた結果、利便性においては
 ローランド社の方がはるかに優れていました。 
 欲しかったマイク端子を装備。WAVやmp3等の
 オーディオデータも再生可能になり価格面でも
 かなりお安い値段になっています。
 XG音源は簡易(ライト)版ですが再生可能です。
    
 一方ヤマハの新伴奏くんMDP-30は上記の機能は
 搭載されていません。
 しかしヤマハの音源フォーマット「XG音源」を
 使って演奏するならMDP-30をおすすめします。
 聴き比べると音の違いがよくわかります。
 テキストの音源や講座でお渡しした音源はすべて
 XG音源です。
    
 本来の音を追求するか? 利便性を優先するか?
 考えどころですね・・・。

  
    
 

|

« 伴奏くんについて~その4~ | トップページ | 伴奏くんについて その6 ~ヴィオリラ用アンプ~ »

ヴィオリラQ&A」カテゴリの記事

コメント

旧型伴奏君のアンプ出力を調べています。何ワットでしょうか。また新型の場合はどうですか。今まだ旧型を15年間、何の故障もなく、又フロッピーも傷むことなく使い続けていますが、そろそろ買い換えが必要です。音量について、使用現場では音量について不自由ありませんので同等のアンプ出力を前提としたいと思っています。

投稿: 横田 能治 | 2013年7月 7日 (日) 09時17分

今野先生
投稿ありがとうございます。
ローランド製品と旧伴奏くんのアンプとしての性能比をしてみました。
私は旧伴奏くんの方が、音の深みや広がりがあると思います。
ボリュームもこちらのほうがある程度まで出しても
音は割れませんでした。
旧伴奏くんはヴィオリラ用アンプとしても
優れていると思います。
・・と言ってもいずれは無くなるものなで、次回のブログでヴィオリラ用のアンプをいくつか紹介したいと思います。
又先生のご意見を聞かせていただけたら
幸いです。

ヴィオリラフェスティバルの情報も
お寄せください。
楽しみにしています。!!

投稿: violyre沖田 | 2009年2月 4日 (水) 18時07分

沖田先生
 こんばんは。
新しい伴奏くんとローランド製品との比較情報を有難うございます。

新しい伴奏くんはマイクがないので直接の比較はできませんが
旧型の伴奏くんと比較してヴィオリラの音は違って聞こえるのでしょうか。

私はギターのアンプでなく その音がストレートに聞こえるアンプをしようしていますが
たまに伴奏くん経由でアウトするときがあります。
そのときの参考にしてみたいと思いますのでご教示下さい。

なお上記本文の掲載下さったヴィオリラフェスティバルのリンクミスで飛べません。
表記は合ってます。皆様はコピペで飛んでください。

投稿: KONNO | 2009年1月 9日 (金) 01時41分

この記事へのコメントは終了しました。

« 伴奏くんについて~その4~ | トップページ | 伴奏くんについて その6 ~ヴィオリラ用アンプ~ »