« 伴奏くんについて | トップページ | 伴奏くんについて その3 »

伴奏くんについて その2

伴奏くん」について ~その2~

   

 前回は伴奏くんのチューニングについてお話しましたが
今回はFD
(フロッピーディスク)のエラーの解決法
ついてお伝えします。

 自分の伴奏くんではちゃんと再生できたのに、
他の人の伴奏くんに入れたらエラーが出て再生でき
なかった!
という経験はありませんか?

 そんな時は試しにデータをフォーマット「1」ではなく
「0」で保存し直してみてください。

 本来伴奏くんは「1」でも「0」でも読むはずなの
ですが
パソコン(XGワークス等)でこの作業をする
ことによりエラーが出なくなることがあります。
試してみてください。

 XGワークス等のコンピューターミュージックの
ソフト上の使い方や疑問点に関しては
「デジタル楽器インフォメーションセンター」の
コンピューターミュージック担当の方に
お問合せください。 
  TEL053-460-1666 です。

ちなみに皆さん、新しい「伴奏くん」が
出るのをご存知ですか?
10月1日(水)に伴奏くんⅡ 
MDP-30」 税込価格60.900円 
が発売される予定です。

 USBフラッシュメモリーを接続してデータを
再生しますがオプションでFDドライブも
接続可能
なのでちょっと安心・・・ですね。
音質は飛躍的に良くなるそうです。
詳しくは
ヤマハのホームページの「ニュースリリース」
コーナーをご覧ください。

|

« 伴奏くんについて | トップページ | 伴奏くんについて その3 »

ヴィオリラQ&A」カテゴリの記事

コメント

沖田先生
お暑うございます。ご無沙汰しております。
(ROMはいつもさせていただいています)
MDP-30の情報有難うございました。

早速スペック表を見てきました。
同時発音数が64と倍になり素晴らしい音になることは分り、軽量化も魅力で「今後はこれで!」と思ったものの・・・
残念なことにマイク端子がありません。

ヴィオリラで使うには
別途アンプが必要になりますね。
コンサートには不便ないですが
生徒さんには負担です。

別売りのFDDも高い(1万以上)の感じです。

今からマイク端子付きの「MDP-30M」などを発売してもらえるように運動できないのでしょうか。

投稿: KONNO | 2008年7月31日 (木) 22時55分

この記事へのコメントは終了しました。

« 伴奏くんについて | トップページ | 伴奏くんについて その3 »