« ヴィオリラのボタンカバーがとれやすい方に朗報 | トップページ | ヴィオリラの弦について »

ヴィオリラのテナー弦について専門家からうかがいました。

貴重なご意見なので、そのまま掲載させていただきます。

 低音楽器(弦楽器)になるほど弦長は長 く、弦は重く(=太く)しなけれ ばなりません。このように太い弦を発音するとなると、相当大きな響鳴胴がない と前方の視聴者に届きません。アコースティックなコントラバスやチェロがそうです。ヴィオリラベースは、そんな大きな楽器になると演奏できません ので電気楽器とすることが前提となっています。

 ヤマハはTH(大正琴)、SH(ヴィオリラ)は芯線が  鉄系の材料でその巻線が胴系の材料となっています。他社の大正琴は巻線もステンレスなどの鉄系の材料が多いようで
すね。音は全ての楽器を構成する部品の材料によって色が変わってくる かと思います。(音源を持つ電子楽器は違うかも知れませんが?)
  

 この大きな要因となるのは胴の材質と弦の種類(材質)だと思い ます。また、音は人の好みで評価が大きく変わるのも事実です。鉄系と銅系では硬さも異なり私は、銅系の方が音質が暖かく、し かも明るいイメージ(ある意味繊細で品がある)かと思います。TH,SHはそういう意味で今の材料を選択しました。ちょっ とコダワリもあるかな?

 ベースは、太く力強く発音しなければならないと考えています。
この場合、TH,SHのように芯線が鉄系、巻線が銅系ですとピックアップであるマグネットは銅系には反応しません。中の芯 線のみに反応して音を拾ってくれるわけです。もちろん
これでもちゃんと音はでます。・・が、前述のより力強く反応す
る観点ですと巻線も鉄系の材料とした方が効果は出ます。

  テナーとなるとベースよりは上のパートとなるわけですが、・・・
私は、SHB(ヴィオリラベース)に付属のテナー弦をつけ た方がベース同様な理由でいいかと思っています。(開発時の想定もSHBがメイン)

  でも、SHに太巻線(テナー)を張って頂いても問題は有りませんし音色の観点から選択して頂いていいのではないかと考えます。もちろん、リバーブをかける必要があればSHBはリバーブ がついておりませんのでSHに太巻き線を・・にならざるを得ませんね。もう一つ、SHに太巻き線ですと、高音域でフレットの間隔 が非常に狭いですので演奏しにくいというようなことはありませんか。

  以上、とりとめなく記載しましたがご参考に願えればと思いま
す。よろしくお願い致します。

 そのまま掲載させていただきました。



|

« ヴィオリラのボタンカバーがとれやすい方に朗報 | トップページ | ヴィオリラの弦について »

ヴィオリラQ&A」カテゴリの記事

コメント

さすが!!研究熱心なウメちゃん。
やることがちがうね。
ベースに張った場合リバーブの有無と共に
低音部のボタンの広がりが、
速いパッセージを弾く時の難易度を
高める、という問題があります。
対極の意見として
ソプラノに張ったら高音部が狭すぎて
弾きにくいのでは??という
製作者側の考えもうなずける部分でもあり
う~~ん 。。。。。
やっぱり「テナー専用の楽器作って!!」
と頼みたいところをぐっとこらえて
ここは「私達の演奏力にまかせて!!」
胸と腹を同じぐらい張って
風切る勢いでがんばるしかないね。
研究結果報告を待ってます。
じゃあね~~~。

投稿: Violyre 沖田 | 2007年6月 3日 (日) 11時31分

KONNO先生
コメントお寄せいただき有難うございます!
楽器を作ってくださる方と私たちの間には
深い河(?)があって,お互いの気持ちが
伝わらない事って多いですよね...
少しでも良いものを、
少しでもいい音で弾けるよう
技術者と奏者のキャッチボールで
この楽器を育てていけたら、と
思っています。
またアドバイスよろしくお願い致します。

投稿: Violyre 沖田 | 2007年6月 3日 (日) 10時54分

専門家のお話、なるほど…と思いました。

ベース琴をテナーとして使う時の問題が
リバーブ部にあるのなら、「あるじゃん、リバーブ!」
って事で、持っていたリバーブとついでに、イコライザーを接続。
おおっっ…低音の響きっっ…
確かに、優雅な深い響きが。
弓の重さも合ってる!
でも!
キーの間隔が広く、ソプラノ琴より不安定な感覚なので、動きのあるメロディーは弾きにくいぞ…弓の動かし方も変えなきゃ。
うーん、手強いぞ。
も~う少しだけ、お琴と仲良くなってみます♪

投稿: ウメっ子 | 2007年6月 2日 (土) 14時36分

沖田先生
勉強になりました。
有難うございました。m(_ _)m

投稿: KONNO | 2007年6月 1日 (金) 22時34分

この記事へのコメントは終了しました。

« ヴィオリラのボタンカバーがとれやすい方に朗報 | トップページ | ヴィオリラの弦について »